SSブログ

【株戦記】 昨年のような悪夢は御免だ! [株]

ここのとこ夏バテで更新が遅れ気味なので、「今週」「来週」の時系列に違和感がありますが、いつものように土曜日に更新したとの前提で読んでいただければ幸いです。

今週の市場
週末の後場盛返し何とか日経平均は週足で陽線となった。8週連続下落と言う魔の金曜日にならず、終値がSQ値を上回ったのは救いだが…。[soon]

--------------------------------------
             週末値    前週比
  Nikkei225     13,168        74
  NikkeiJQ       1,414      - 29
  Mothers           471      - 25

  Dow30         11,734       408
  Nasdaq          2,414       104
  CMEN225    13,300       195
--------------------------------------
日経平均は週初から続落し13000円を割り込んだ。5日米国市場が急反発すると、翌6日には日経平均も340円高となったが、その後はオプションSQもあり弱含んだ。週末の前場も冴えない展開で一時13000円を割ったが、後場円安などを手懸りに上昇に転じた。オプションSQ値は13032円であった。業種別で目立ったのはバルチック海運指数が20日続落の海運が週間で10%以上の下げとなった。個別ではダイキン工業が決算予想発表の失望からストップ安まで売られたのがサプライズだった。

新興市場はマザーズ指数が週末に指数算出来の安値463ポイントを付けた。騰落レシオもずっと60%台で売られ過ぎ状態が続いている。日経ジャスダック平均も連日の年初来安値更新となった。

週末引け後、東京エレクトロン、ディスコの決算が発表された。両社とも2009年3月期決算予想を下方修正した。当初今年度後半から半導体市況は回復すると見ていたが、回復は早くとも来年以降になりそうだ。

来週の主なスケジュール
------------------------------------------------
 国内
  13日  4-6月期GDP速報

 海外
  13日  7月小売売上(米)
  14日  7月消費者物価(米)
        ユーロ圏4-6月期GDP
------------------------------------------------

来週の展望と投資スタンス
決算発表も一段落し、お盆休みでもあり市場は一段と閑散になりそうだが、昨年のこの時期米国でサブプライム問題が噴出し日経平均が急落した記憶が蘇る。今年はオリンピックの最中なのでテロが危ないなと思っていたら、何とグルジアで戦争が勃発した。バクー油田からトルコへのパイプラインが影響を受けるので、原油市場の動向次第では株式市場の波乱要因になりそうな感じもする。

週末の米国市場はDOWが300ドル以上急騰した。CME日経平均先物も大証終値比130円高で戻ってきている。円安、原油安と条件が揃っているので、週初は高く始まると思われる。その後は薄商いの中、方向感の無い展開になるような気がするが、地合いは意外と強いのではないかと見ている。

米国では半導体と消費に関連するApplied Materials  Macy's  Wal-Martの決算発表が注目だ。特にApplied Materialsがどんな見通しを出してくるか12日の発表には注目している。先週末までフィラデルフィア半導体指数(SOXX)は5日続伸しているが、日本では東京エレクトロンを筆頭に減収・減益決算でしかも見通しを下方修正しているので、世界最大の半導体製造装置メーカーの決算コメント次第では底が入ったと判断できるかも知れない。

投資スタンスは中立だが、決算発表を嫌気され大きく売られるようであれば、東京エレクトロンは買っておきたいと思っている。

11501518.jpg

タグ: 投資
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。