SSブログ

【株戦記】 Labor Dayまでは夏休みモードか? [株]

今週の市場
1日の売買代金が2兆円に届かない薄商いの週であった。週末の東証一部の売買代金は今年最低の1兆5千億円余りであった。[soon]

--------------------------------------
             週末値     前週比
  Nikkei225     12,666      -353
  NikkeiJQ       1,369      -  15
  Mothers           441           3

  Dow30         11,628      - 31
  Nasdaq          2,414      - 38
  CMEN225    12,920      - 30
--------------------------------------
日経平均は週初こそ高く続伸したが、月曜日の米国市場でDOWが急落すると、翌火曜日には13000円を割込み、金曜日まで4日続落となった。北京オリンピック開催中で様子見気分が強く、お盆休みから7日連続で東証一部の売買代金が2兆円割れとなった。業種別では鉱業、卸売が上昇し、ゴム製品、海運、証券・商品先物などの下落が目立った。
新興市場も輪をかけて冴えず、日経JQ平均が12日続落で、昨年8月の13日続落に迫っている。

19日に日米で7月の半導体製造装置のBBレシオが発表された。日本製では受注が4ヶ月ぶりに前月比で増加して出荷が減少したためレシオが1.09と昨年の6月以来の1.0ポイント台回復となった。大日本スクリーンなどがインテルから大型受注を獲得したのがレシオを押上げたと思われる。一方、米国製は受注も減少しレシオも前月から若干上昇の0.83と低調であった。日米とも受注・出荷額共低水準のため底を打ったとの判断は時期尚早かも知れないが、東京エレクトロン、Applied Materialsなどの7-9月期の受注見通しから判断すると7~8月が底になると見たい。

bbratio0807.jpg

東京エレクトロン、ディスコなどは下押しするようなら積極的に買いで臨みたいと思っている。更に下がればナンピンもと思っている。来週は兎も角として9月には買い場が来ると見ている。

来週の主なスケジュール
------------------------------------------------
 国内
  29日  7月全国消費者物価指数
        7月鉱工業生産速報

 海外
  25日  7月中古住宅販売件数(米)
  26日  6月S&Pケース・シラー住宅価格指数(米)
        7月新築住宅販売件数(米)
  27日  7月耐久財受注(米)
  28日  4-6月期GDP改定値(米)
------------------------------------------------

来週の展望と投資スタンス
来週は米国で住宅関連指標の発表が相次ぐ。中でもS&Pケース・シラー住宅価格指数に注目している。マスコミは前年同月比での下落率の大きさを取上げるだろうが、当方は前月比下落率を重要視している。ここ3ヶ月前月比の下落率は着実に縮小し5月は0.9%までになっている。6月指数で前月比の縮小が継続すれば住宅価格の下げ止まりが近いと見ていいのでは。

米国ではGDPの改定値が2%台後半に上方修正されると市場関係者は予想しているので、数字が発表されれば好感されるだろう。欧州、日本の4-6月期はマイナスだったのに、サブプライムローンによる金融不安の震源地がプラスとは何とも不思議なことだが、ドル安での輸出好調によるものだろう。

東京市場はCME先物が大証終値比250円高の12920円で戻ってきているので、週初は高く始まると思われる。ただ、景気・企業業績の先行き懸念は根強く、米国でのGSEへの公的資金注入問題など金融不安も燻っているので、週を通しては弱含みの展開になり、2番底を探る場面もあると見ている。

来週で8月も終わりだが月初の終値が13276円だから、月足が陽線になるには週間で610円以上上昇する必要がある。今の地合からすれば可能性はほとんど無く、3ヶ月連続の月足陰線はほぼ確定したと思っていいだろう。

投資スタンスは様子見の中立であるが半導体関連は下押しすれば買いたい。米国は9月1日のLabor Dayまでは夏休みシーズンなので、9月相場に備えて見送るのが正解かも? 


タグ: 投資
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。