SSブログ

オールカマー 回顧 [競馬]

まさしく中山は鬼のマツリダゴッホの独壇場であった。中山では特別ハンディを課さないと勝負になる馬はいないかも?[soon]

11489782.gif        天候;[晴れ]     馬場;良
-----------------------------------------------------------
   [1] ◎ マツリダゴッホ    2:12.0  4F 46.2 - 3F 34.8
   [2] △ キングストレイル     2
   [3] ▲ トウショウシロッコ   3/4
   [4]    マイネルキッツ      1
   [5] △ エアシェイディ     1 1/4
-----------------------------------------------------------
馬券 馬単&3連単 的中! Good Job!

シャドウゲイトがスタートで安目を売ったので、キングストレイルが楽にハナに立った。マツリダゴッホがピタッと2番手。エアシェイディ、ミストラルクルーズも続いた。
ノリのペースは3F37.3、1000m通過は1分2秒0と狙い通りのスロー。3コーナー手前からゴーウィズウィンドが動きキングストレイルに並びかけ、3,4コーナー中間では外を回ったシャドウゲイトがゴーウィズウィンドに替わってキングストレイルに並んだ。マツリダゴッホはインでジッとしていたが4コーナーを回るとき外に持ち出した。直線は内からキングストレイルが抜出したが、残り二百でマツリダゴッホが外から並びアッサリと前に出た。ちょっとシゴいただけで2馬身引離し、ゴール手前50mあたりから手綱を緩める余裕。3着には馬群から抜出してきたトウショウシロッコが突っ込んできた。

強い! それにしても強い、中山では。オールカマーを連覇したマツリダゴッホはこの後JC→有馬記念のローテーションのようだ。この馬荒川を渡ると成績が極端に悪くなるが、果たして昨年の天皇賞・秋で大外枠から何にも出来ず惨敗したトラウマから脱却できるだろうか。稽古では左回りも問題ないようなので、乗り方次第では府中の二千四百も克服できると思うのだが…。

逃げることもあると予想していたキングストレイルが粘り腰を見せた。ここのとこスプリント戦を使ってきていたが、セントライト記念馬を何故こんな使い方をするのかと不思議に思っていた。SS×ノーザンテーストの配合なのと母サンタフェトレイルが短距離でも成績を残していたからなのだろうか。まあ、これで距離融通性があることがわかったのでマイルからマイル半辺りのレースに矛先を向けてくるようになると思う。アルゼンチン共和国杯や福島記念辺りがハンディ次第では狙えると思うのだが…。

直線34秒台の末脚でキングストレイルに迫ったトウショウシロッコは後方からの競馬で、折合いに専念し徐々に上がっていき3コーナーではマツリダゴッホの直後につけたが、肝心なところで馬群に包まれて上手く捌けなかったのが痛かった。インでジッと我慢していればマツリダゴッホの後からスムーズに上がっていけたことを考えると、何とも惜しいレースであった。

期待したアドマイヤタイトルは-14Kで調子落ちのように見えたので馬券からは外した。フジテレビで細江純子がパドックで絶賛していたので不安はあったが、札幌、栗東、中山の移動で消耗し飼葉が落ちているのではと推定し馬券は追加しなかった。レースでは終始後方で直線チョッと脚を使っただけで見せ場はなかった。オープンでは馬券になったことが無い馬なので今後もあまり期待できないのでは。

マイネルキッツは一発狙って思い切った競馬をしたが直線の短い中山ではこれが精一杯だろう。府中に替われば見直す必要があるだろうが、人気にもなるだろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。