SSブログ

アルゼンチン共和国杯 回顧 [競馬]

Breeders' Cup Classicは注目のZenyattaがアタマ差の2着になり無傷の20連勝はならなかった。一方、凱旋門賞馬Workforceが回避したTurfはデットーリ騎乗の伏兵Dangerous Midgeが勝った。Dangerous MidgeはJC招待を受諾しているようなので楽しみだが、父がStorm Cat系のLion Heartなので府中の高速芝適性はどうだろうか?[soon]

          11489782.gif            天候;[晴れ]   馬場;良
--------------------------------------------------------------------
[1] △ トーセンジョーダン  2:30.0  前半3F 35.0 - 4F 47.2
[2] 〇 ジャミール       1 3/4    上り4F 48.0 - 3F 35.8
[3] △ コスモヘレノス    クビ
[4] △ スリーオリオン    1 3/4
[5]    エアジパング     2 1/2
--------------------------------------------------------------------
馬券 馬連:的中 3連単:カスッたが... トリガミだったわァ~[むかっ(怒り)]

予想通りドリームフライトが逃げて1000mが59.4と平均ペースで縦長の隊列。そこからもペース落とすことなくハロン12秒台前半のラップを刻む澱みのない流れで2000m通過もここ5年で最も速い。結局、持続力のあるスピードとスタミナに優る馬が上位を占めることになった。勝ちタイムはレースレコードで府中でのこのレースの従来記録(スクリーンヒーロー 2分30秒8)を0.8上回り、コースレコード(オペラシチー 2分29秒8)にも0.2差と迫る優秀な時計である。

                                   前半=中盤=後半 1000m 2000m
2010年 トーセンジョーダン  良 2分30秒0 53.3=48.7=48.0 59.4 2分00秒1
2009年 ミヤビランベリ     良 2分30秒9 55.8=48.1=47.0 62.1 2分01秒7
2008年 スクリーンヒーロー  良 2分30秒8 54.1=48.6=48.1 60.1 2分00秒5
2007年 アドマイヤジュピタ  良 2分30秒9 53.8=49.7=47.4 59.8 2分01秒4
2006年 トウショウナイト     良 2分31秒0 52.6=50.1=48.3 58.7 2分01秒2

トーセンジョーダンは好スタートからやや下げて先団の直後から。バックストレッチで外に出し4角は外を回して直線坂を上がってから一気に伸びてきた。57K背負っていたことを考えると完勝と言っていいのでは…。予想では祖母のCrafty Wife一族で似た配合のカンパニーから距離は二千まででスローの上り勝負ならと書いたが、どうも違っていたようだ。思えば「2009年 クラシック三冠馬 予想」ではダービー馬候補に挙げていた馬だ。裂蹄でクラシックを棒に振ったが、ここに来て本格化したと見ていいだろう。大跳びで長くいい脚を使えるタイプのようだが、2歳時には小回り中山二千で連勝しているので意外と器用さも持ち合わせているのかも? そうは言っても府中の二千五百と中山の二千五百ではレースの中味が異なってくるので有馬は厳しいレースになると思うのだが…。タップダンスシチーやコイントスはこのレースをステップに有馬でも2、3着しているが、あの時は中山の二千五百だったからなあ~。

急な乗り替わりとなったジャミールは1角で内に潜り込み中団の後からレースを進めた。4角で先団に取り付き、直線は400のハロン棒あたりからインに切れ込んで内ラチ沿いをスルスルと伸びてきて一旦は先頭に出たようだが最後は止まってしまった。今日のところはトーセンジョーダンに完敗だが、距離延びると走ることが改めてわかったので、今後の長距離路線では期待したい馬だ。この馬は府中のこの距離よりは中山の二千五百のほうが脚質的に向くと見ているので、有馬に出てくるようなら伏兵として注意したい馬だと思う。

3着のコスモヘレノスは中団からの競馬で、3角過ぎから外を回して先団に取り付き4角は大外を回した。直線坂上で先頭に躍り出たがそこからジリジリとしか伸びずトーセンジョーダンにはアッサリと交された。ヤネが直線ムチをイレ通しだったが、ジャミールにクビ差まで迫ったところを見ると軽量51Kだったとは言えステイヤーとしての資質を示したと思う。ステイヤーズSに出てくるようなら再度注目したい。

本命に推したゴールデンハインドは先手が取れず3、4番手。ドリームフライトの離れた2番手のマイペースを想定していたのでこの時点で馬券はないなと見たが、直線入口で一杯になり1.5差の11着。スローで単騎逃げにならないとダメなタイプなのかもしれないが、今のとこ重賞では実力不足と見ていいのでは…。


nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 2

ritton2

我輩はコスモを抑えれずに惨敗でした_(._.)_
by ritton2 (2010-11-09 20:27) 

miharukoma

>ritton2 さん

あれぇ~、穴狙いのritton2 サンにしては3歳の軽ハンデ馬を押さえないなんて珍しいですね…。
今年の3歳勢はレベルが高いとの評価がボツボツ定着してきましたのでこれからは人気になりそうですが、コスモヘレノスもステイヤーズSでは人気になりそうですね。


by miharukoma (2010-11-13 23:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。