SSブログ

ジャパンカップ 回顧 [競馬]

G1で2度目の降着となったブエナビスタは恐らく日本の競馬史上初めてのことでは? “イタイ”記録だが、1着賞金2.5億円、2着賞金1.0億円とその差は1.5億円なのでブエナビスタ陣営にとっては金銭的にも“イタイ”降着となったわけである。[soon]

                                          天候;[晴れ]   馬場;良
--------------------------------------------------------------------
[1] 〇 ローズキングダム   2:25.2  前半3F 36.4 - 4F 48.7
[2] ◎ ブエナビスタ        1着降着  上り4F 46.6 - 3F 34.4
[3]    ヴィクトワールピサ   ハナ
[4] △ ジャガーメイル      3/4
[5] ★ ペルーサ         クビ
--------------------------------------------------------------------
馬券 馬連;的中! 3連単;紙屑[たらーっ(汗)]  ガミったぁ~…[もうやだ~(悲しい顔)]

keiba_GⅠ_01.jpgシンゲンが押し出されるように先頭に立ち2番手以下を2~3馬身ほど引離してレースを引っ張り、1000mが60.7の予想通りスローペース。バックストレッチで更にペースダウンしたため後続との差は縮まったが、残り1000の標識過ぎあたりからまた少しペースを上げコーナーワークを利して引離しにかかった。残り600を過ぎるとピッチが上がり、直線に向き坂下からの瞬発力勝負になった。上り3ハロン34.4はJC歴代3位タイの速いタイムでスタミナに裏打ちされた瞬発力が要求されたレースであったと言えるだろう。

                                   前半=中盤=後半 1000m  2000m
2010 ローズキングダム  良 2分25秒2 48.7=49.6=46.6 60.7 2分01秒7
2009 ウオッカ          良 2分22秒4 47.2=48.1=47.1 59.0 1分58秒7
2008 スクリーンヒーロー  良 2分25秒5 49.2=50.0=46.3 61.8 2分02秒3
2007 アドマイヤムーン   良 2分24秒7 47.9=50.3=46.5 60.1 2分01秒7
2006 ディープインパクト   良 2分25秒1 49.1=49.8=46.2 61.1 2分02秒3

スタート直後の躓きもあり後方からの競馬を余儀なくされたブエナビスタは馬群が塊り内に入り込めず終始外を通り、4角も外に振られ大外を回した。直線は内に切れ込みながら豪快に末脚を伸ばしてきて、残り100辺りで先頭を行くヴィクトワールピサを交わして先頭に出て約2馬身引離してゴール。が、ローズキングダムを斜行し進路妨害したことで降着の2着になった。ローズとの脚色の差は歴然だったので、ローズがたとえスムースだったとしてもブエナの末脚には敵わなかっただろうと思うが、ヤネのスミヨンはこのレースまで土・日勝鞍がなかったアセリの為か強引な騎乗になったのだろう。サンスポで柴田政人元騎手もこの日のスミヨンは強引なレースが目に付いたと書いている。スミヨンにして見れば欧州でいつもやっているプレイだったのだろうが…。降着になったがブエナの強さは抜きん出ていた。このスローペースを後方から行き4角大外をぶん回して、直線で前にいた馬をゴボウ抜きにして突き抜けてしまうのだから…。

好スタートから先団のインのローズキングダムは流れにも乗り直線を向いた。坂を上がって内からヴィクトワールピサに寄られ、外からブエナに接触されバランスを崩した。そこから立て直してヴィクトワールピサをゴール寸前で捉えたが、ヴィクトワールが最後止まっていたのも幸いしたと思う。ブエナビスタの降着で日本馬では3歳にして3頭目のJC馬になったが、内容的にはブエナに完敗のレースであった。

欧州遠征の目に見えない疲れがあると見て軽視したヴィクトワールピサが2番手追走の先行策から直線早めに抜出して粘りを見せての3着。ブエナビスタ降着の最初のキッカケはこの馬が外に張り出したことだが、ヤネがすぐに右ムチに持ち替えて修正していたため過怠金で済んだのはラッキーだったと思う。ギュイヨン騎手は“距離が少し長いかも?”と言っているとこを見ると、ゴール直前は脚が上がって止まっていたのだろう。最内を通って距離ロスがなかったことを考えると、距離伸びる有馬は少し不安になってくる。

ジャガーメイルはブエナビスタをマークする形で後方から。直線の坂下でブエナに一気に離されたが、坂を上がってから盛返しての0.1差(ブエナからは0.4差)の4着。スローな流れでこの位置取りでは府中マイル半の適性を発揮して良く走ったと言う事か? 中一週の香港ヴァースに選出されているのでAmericainやScaloなどと対戦することになるが、過去③④と好走しているので今年こそステイゴールドに次いで2頭目の日本調教馬による勝利を見たいものだ。

またまた出遅れたペルーサは内に潜り込もうとしたがジョシュアツリーに前に入られ最後方から。内々を回り、直線は馬群を縫うように伸びてきて上り3ハロンは33.5とブエナと並び最高タイムで何とか5着に突っ込んできた。ゲートで待たされたのも影響したかもしれないが、中間何度も練習してこれだと短期間での矯正は無理なのかも…。

ナカヤマフェスタは先団の4、5番手からの競馬で道中スムーズに追走しているように見えたが、直線追い出してからは全然伸びず失速した。遠征の疲労もあったと思うが、不良のダービーでの末脚、宝塚は稍重、フランスでの2戦も重だったことを考えると渋り気味の力のいる馬場向きで、良馬場の瞬発力勝負はこの馬には合わないのかも? 

有馬記念を展望するとローズキングダムは中山の急坂を2回越えるのは非力な血統なので厳しいと思うので府中ほどのパフォーマンスは期待できないと思う。それにミスプロ系産駒はアメリカンボスの2着があるだけでレース適性も疑問である。昨年2着のブエナビスタは今日の汚名を返上する為何が何でも勝ちに来るだろうが、得てしてこういう時ほど伏兵に脚許を掬われやすい。馬券の対象からは外せないだろうが勝ち負けはどうだろうか? 今日見所がなく掲示板を外したエイシンフラッシュや立て直してくるナカヤマフェスタ、それに素質は間違いなく一級品のペルーサあたりが巻き返してくるのではと見ている。別路線組のアーネストリーやトーセンジョーダン、そして米国帰りのレッドディザイアも侮れないような気がする。


nice!(15)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 15

コメント 3

やまちゃん

確かJC1着馬は有馬記念のボーナスもあったと思うので有馬の着順次第ではさらに億単位の損失じゃないでしょうか。
アメリカンボスはキングマンボ産駒の中でも斬れ味に乏しい馬でしたね
個人的には斬れるローズキングダムより皐月賞で先着したエイシンフラッシュの方に期待してます
by やまちゃん (2010-12-02 00:20) 

ドリームCB750

馬連ズバリ本命対抗ですね。さすがです。
by ドリームCB750 (2010-12-02 01:34) 

miharukoma

>やまちゃん さん

有馬記念もボーナスを出さないといい馬が集まらなくなるからでしょう。香港に目を向ける馬主、調教師が多くなっていますからね。

やはりエイシンフラッシュを狙っていましたか。JCは叩き台?と睨んだ人は結構いますね。
でも、勝つのは今年もサンデー系だと思うのですが…。

>ドリームCB750 さん

馬連は本線的中でしたが配当が安く、3連単の損失を補てんできませんでした。レース後の酒席でヴィクトワールピサをナカヤマフェスタとなぜ同列に扱ったのか自分でも上手く説明できませんでした。
by miharukoma (2010-12-03 19:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

京阪杯 回顧ステイヤーズS 予想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。