SSブログ

日経賞 回顧 [競馬]

熱発で調教を回避し馬房でぐったりしていた週でした。鼻水タラタラ、熱が出て身体の節々が痛み、思考力が続かずの散々な月末となりました。[soon]

レース結果                天候;[曇り]   馬場;重
--------------------------------------------------------------------
[1]    ネコパンチ       2:37.4  前半3F 37.0 - 4F 49.0
[2] △ ウインバリアシオン  3 1/2  上り4F 50.7 - 3F 37.8
[3] 〇 ルーラーシップ     クビ
[4]    コスモロビン       2 1/2
[5]    ネヴァブション     1 1/4
--------------------------------------------------------------------
馬券 どうにもなりません…[ふらふら]

kaiko_01.gifネコパンチの大逃げだった。正面スタンド前で6馬身以上引き離して、1000mが61.4だから馬場状態を加味するとかなり速いペースである。バックストレッチでは更に引き離し残り600あたりでも2番手ケイアイドウソジンとの差は計算上1.9差だから10馬身以上あった。ここからネコパンチにペースを上げられたから、追い上げる後続グループも楽ではなく、直線に入って差を縮められたが最後は3馬身半差だから危なげなかった。

中盤ペースを緩めて息を入れていた馬が、残り5ハロンからも12.9-12.9とそのまま楽に行けたので、残り3ハロンからのペースアップでも最後まで脚がもったと言う事だ。いずれバテると後続の連中が逃げ馬をかわいがり過ぎたとも言える。

このレースを人気薄で逃げ切ったのは1975年の“白い逃亡者”ホワイトフォンテン(10番人気)以来で、逃げ切りではないものの1998年のテンジンショウグンは12番人気で勝ったが、その時のヤネは今日と同じく江田照だった。

ダイヤモンドS、そしてこのレース、共に人気薄の逃げ馬が勝ったが、ダイヤモンドS馬のケイアイドウソジンは2番手から1.4差の7着と敗れ、関東での春の長距離2レースは時計のかかる馬場での特殊なレースになり、とても盾や暮れの有馬の参考にはなり得ないと思う。

                                 前半=中盤=後半 1200m
2012 ネコパンチ     重 2分37秒4 55.0=51.7=50.7 74.4
2010 マイネルキッツ  稍 2分34秒1 54.1=50.8=49.2 73.1
2009 アルナスライン  良 2分31秒2 53.4=50.4=47.4 72.5
2008 マツリダゴッホ   良 2分32秒7 55.8=48.6=48.3 74.0
2007 ネヴァブション   良 2分31秒6 54.6=49.0=48.2 73.7
    ※2011年は阪神コースのため除外

ひと叩きして-8Kと絞れてきたウインバリアシオンは殿からの競馬で、3角あたりから仕掛けて外を回って押し上げ、直線最後でルーラーシップを交わしての2着。この馬はJCのように奇襲的な乗り方より、腹を括って最後方からの競馬に徹した方が良さそうだが、G1では2、3着に来るのが精一杯かも? 盾は3角から捲る競馬が嵌るような流れなら馬券に絡んできそうだ。意外にも小回りコースも苦にしないようなので宝塚もそこそこの競馬ができるかも…

3角から逃げ馬を捉まえに外を回して追い上げたルーラーシップは大跳びな馬なので小回りのコーナーが4つあるコースは本質的に合わない。広い馬場の淀や府中でこその馬だと思う。有馬記念で差のないレースをしていると言っても、勝負がついた後から割り込んできたもので、それほど価値がある4着とは思えない。盾は距離が長いだろうし、宝塚は小回りコースなので春のG1では馬券に絡むチャンスはなさそうだ。狙いは秋の府中でJCあたりか…。

本命に推したフェイトフルウォーは休み明けと重馬場が堪えたようだ。ひと叩きした次は変わってくるだろうが、血統的にも盾に出てきて貰いたい馬だ。ステイゴールド産駒なので小回りコースも苦にしないと思うので、宝塚でも良馬場なら面白いかも?


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 7

コメント 2

シービーちゃん

「どうにもなりません」という部分に笑ってしまいました。体調、早く良くなってください。
by シービーちゃん (2012-03-31 15:30) 

miharukoma

>シービーちゃん さん

このどうにもならないことを予想するのが競馬なんですよね。小生も秋の天皇賞でプリティキャストの大逃げを予想して馬券を的中させたことがあるんですが、それは快感で痺れました。

熱も下がったので早速アルコール消毒してきました。久し振りの“越の景虎”を堪能してきました。


by miharukoma (2012-03-31 20:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

高松宮記念 予想高松宮記念 回顧 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。