SSブログ

2018天皇賞・秋 予想 [2018競馬]

先週の菊花賞は予想に反して超スローになり、結果上り2ハロンの瞬発力勝負になった。実質マイルから二千のレースであった。来年の天皇賞・春につながるレースをしたのは2着のエタリオウだけかも?[soon]

アルアイン、ダンビュライト、キセキあたりのハナか?いずれも飛ばすタイプではないのでゆったりした流れになるだろう。1000m60秒台、後半1000m58秒前後で推定タイムは1分58秒台か? 瞬発力に優れたマイラー系ディープインパクト産駒向きの競馬になるかも?

府中マイルと言えば安田記念。今年はレースコードタイの激戦で掲示板に載ったのは全て4歳勢。レベルの高いマイル戦であった。夏以降、中距離の重賞戦線では4歳勢が上位を占めている。例外は京都大賞典のサトノダイヤモンドだけだ。ここも4歳勢が掲示板を独占するのでは?

その安田記念で3着スワーヴリチャード、5着サングレーザーの2頭がここに出走してきた。府中の二千ならスワーヴリチャードのほうが適性は高く休み明けも問題ないだろう。ヤネのデムーロは2年連続2着のこのレースなので今年こそは雪辱を果たしたいだろう。競馬だから何が起こるかわからないが普通にこの馬の力を発揮すれば勝てると思う。

サングレーザーはディープインパクト産駒らしい瞬発力に優れた馬である。府中の長い直線でスタミナが求められる流れになると最後で末脚が他の馬と同じになり伸びきれないかも。だが前半比較的緩やかに流れ脚を温存できれば直線で切れる脚を発揮できる。鞍上のモレイラが❝The Magic Man❞の腕を見せることに期待したい。

オールカマー組はこのレースでほとんど好走していないので4歳勢レイデオロ、アルアイン、ダンビュライトの3頭は取捨は難しい。毎日王冠組キセキと4歳勢4頭のシルシをどうつけるか迷うところである。

府中適性を血統に求めてトニービンの血が流れているダンビュライト、キセキの2頭を上位に取ってみる。レイデオロとアルアインは連下の押さえでいいだろう。

5歳以上のマカヒキ、ヴィブロス、ステファノス辺りは世代レベルも低いのでG1では終わった馬と見ている。宝塚記念馬のミッキーロケットも外枠で速い上がりになるとスピード不足を露呈しそうだ。


◎スワーヴリチャード
〇サングレーザー
▲ダンビュライト
△キセキ レイデオロ アルアイン


馬券は◎からの馬連と3連単にする。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。